検索連動型広告とは

検索連動型広告とは、ヤフーやグーグルなど大手検索エンジンの検索結果に表示されるテキスト形式の広告です。

指定したキーワードで検索が行われた場合にそのキーワードに連動して広告広告は中小企業や個人事業者にもお勧めのサービスです。

少ない予算で直ぐに始められる
クリック課金で無駄な費用が防げる
効果測定が行いやすく効果を確認しながら進められる
代理店を介さずに自分で直接管理できる
代理店を介さないから、少ない予算でも効果的な広告が可能とも言えます。

もし、月額30万以上の豊富な予算がある方はこのホームページを見ても参考にはならないと思いますので、迷わず検索連動型広告専門の代理店に相談されることをお勧めします。

検索連動型広告の種類

リスティング広告、検索連動型広告キーワード広告Google Adwords)
Googleおよびパートナーサイトの検索結果に、あなたのホームページの紹介を表示することが出来るサービスです。コンテンツの内容に合わせて自動的に配信されるAdSenseも大きな魅力です。


検索連動型広告の始め方など基本から実際の掲載方法や効果測定方法など順次紹介していきます。

オーバーチュア(Overture)-「スポンサードサーチ」とは

オーバーチュアは、日本でもっとも利用者の多いヤフーの検索結果の上部にテキストで広告が表示される検索連動型広告サービスです。

検索連動型広告の共通の特徴ですが、広告が表示されて時点ではなく実際にクリックされた時点で課金される費用対効果の高い広告です。

1クリック9円からヤフーの検索結果の上位に表示が可能なため、中小企業や個人事業にも人気の広告ですが、入札制でクリック単価だけで広告の表示順位が決まっていたため、クリック単価の高騰を招く傾向にありました。しかし、2007年7月から、大幅なシステムの変更が行われて、単純

掲載広告全体やキーワードごとに予想月間検索回数やクリック数が入札価格でどのように変わるのかを確認しながらクリック単価を設定することができますので、事前に広告掲載が可能です。

オーバーチュアのサービス内容

スポンサードサーチR

ヤフー やWindows Live(MSN)などの検索結果の上部に表示されるテキスト広告です。検索キーワード毎に入札された広告です。

提携サイトとしては、ヤフーJAPAN、エキサイト、OKWave、MapFan Web、All About、Vector、ぴあ、mixiなどとなりますが、初めての方は、検索結果に表示される「スポンサードサーチ」を中心に考えるとよいでしょう。

手軽に始められるが準備も必要

代理店を経由しないで自分で手軽に始められ、費用対効果も高いオーバーチュアの検索連動型広告ですが、事前準備なしに初めて失敗することも多いようです。

システムの特徴、運用方法や効果の測定方法など基本を押さえておけば、決して難しいものではありません。あなたも検索連動型広告の基本をマスターしてオーバーチュアにチャレンジしてみては如何でしょう。

アドワーズの特徴

動的な広告掲載順位

アドワーズは、キーワードにより1クリック1円から入札が行えるオークション形式で、入札を行いますが、設定した上限クリック単価が高いだけでは広告は上位に表示されません。広告予算の少ない中小企業にとっては嬉しい仕組みと言えます。

複数の広告をテスト可能
1つのキーワードに対して、同時に複数のテキスト広告を設定することが可能です。この機能を利用することで、広告アドセンス(Google AdSense)
Googleと提携している企業サイトを始め、個人サイトなど様々なサイトで、そのコンテンツに合わせて、広告が表示されるコンテンツ連動型のブログの急増により、掲載サイトは増え続けていますので、アドセンスからのトラフィックも大きな魅力となっています。

キーワードの選び方

ホームページの内容に関連が高いキーワード広告を掲載するのはもちろんですが、誰もが思いつく意味の広い一語に入札するのではなく、複数の広告を掲載できますが、部分一致ですと「マンション」が含まれる全ての検索に表示されますから、表示回数が増えても検索の目的な様々になり、見込み客になる割合は下がります。

マンション+地域名が基本となり、新築なのか中古なのか、その他マンションの特徴を組み合わせて絞り込みを行います。

弊社の場合にはホームページの制作を行っていますので
ホームページ+制作
ホームページ+制作会社
などで検索された場合に広告を掲載します。実際にはこれだけでは、サービスの特徴が出せませんので、もっと複雑にはなります。

入札単価が高く人気のキーワードであっても、成約率が高く費用対効果的に見合うのであれば、積極的に掲載を行うべきです。しかし、初めから全てのキーワードで高い成約率は望めませんから、事前に予算

集客はあるが売りあがらない

広告を掲載するキーワードを正しく選定し、広告のテキストも問題ないとしても、検索連動型広告は、インターネット広告の中でも費用対効果の測定が特に行いやすい媒体です。簡単な作業で、キーワード<

ホームページの内容と検索
キーワードが一致してない
広く集客を行いたいがため、ホームページの内容と関連性の低いキーワード広告を掲載している場合にも効果は期待できません。

複数の商品やサービスを扱っている場合には、トップページではなく、直接その商品ページに誘導することが大切です。

ページを開いて直ぐに目的の情報が見つからないと、そのまま去っていってしまいます。その時間は年々短くなっており、最近では3秒で判断すると言われています。

ホームページが完成していない
検索エンジンから良質なトラフィックを誘導できたとしても、ホームページの完成度が低い場合には訪問後の成約率も期待できません。

本格的な集客の前にホームページの成約率を高めなければ費用対効果の高い集客は行えません。

検索連動型広告は直ぐに予算を決めて始められますので、ホームページの問題発見にも役立ちます。

思ったほどの集客が無い

思ったほど集客できない時の原因としては、

広告テキストの作り方に問題
入札単価が安すぎる
キーワードの選定に問題がある
などになります。

キーワードごとの掲載回数とクリック率を確認して、クリック率が低い場合には、広告自体に問題がある可能性があります。

広告作成のポイントとしては、タイトルに検索ワードを含めて、説明には商品やサービスの特徴を解りやすく記載することです。

また、広告の掲載順位によりクリック率は大きく異なります。上位に表示される方がクリック率は高まり、2ページ目以降になると極端に集客が減ることになりますので、最低でも1ページ目に表示されるようにしてください。

そもそも検索回数が極端に少ない場合には、キーワードの種類を増やす必要があるでしょう。

広告を開始する

一般的に広告といえば広告代理店にお願いするものと思われている方が大部分だと思います。

しかし、検索連動型広告は、申し込みから、入稿や掲載の管理までネット上で全て自分で直接行うことができる新しいタイプの広告です。

既存の紙媒体の広告ですと、印刷やデザインなど専門的な知識を必要としますが、検索連動型広告は検索結果に表示される短いテキストの広告ですから、印刷や
広告ですからキャッチコピーとかのセンスが必要ではないかと思われるかもしれないですが、検索連動型広告は、実際にクリックされた段階で課金されるクリック課金方式です。

一般の広告のように反応を重要視するのではなく、検索エンジンの利用者が検索として入力した質問に答えを返すことが基本になります。商品やサービスの概要を伝える内容を短くまとめるだけで大丈夫です。
検索連動型広告などのネット広告は、既存の広告とは異なり特殊なノウハウが求められますので、雑誌やチラシなどを中心とする広告予算で3ヶ月以上の契約、管理費として広告費の20%程度が相場になると思います。
オーバーチュアで1クリック9円から広告が掲載できますから、月額数万円の広告費でも充分に効果が期待できます。
月に1万円の広告費で20%の管理費を取っても2,000円ですから代理店に期待すること自体が無理があります。

広告の知識やコピーやデザインのセンスよりも、商売の内容やお客さまを理解していることが重要となりますので、代理店に任せるのではなく、御社の商売を一番解っているあなた自信か、直接広告を管理するか、ホームページの運営全般を任せせられる信頼できるパートナーを見つけることが大

広告代理店を介さないから、少ない予算でも効果的な広告が可能とも言えます。

検索連動型広告の予算

初めて検索連動型広告を利用される場合に、どの程度の予算が必要か気になるところだと思います。

中小企業で検索連動型広告が初めてであれば、3万円/月(1,000円/日)程度の予算で始めるとよいと思います。

個人事業者や起業準備中の方などであれば、1万円/月(300円/日)程度でも充分な反応や結果を得られると思います。

オーバーチュアの場合ですと最低3千円からアカウントが開設可能なのですが、さすがに3千円ですと、どのような反応が得られたのか分析するのも難しいと思います。

最終的に必要とする広告費用は業種や広告を掲載するキーワードの数、検索回数や平均入札単価によって違ってきま

一般的な中小企業の場合
30,000円/月額(1,000円/日)

個人事業者や起業準備中の場合
10,000円/月額(300円/日)

オーバーチュア、アドワーズと共に1日単位での予算設定となりますので、反応を確認し調整しながら進められ初めての方でも扱いやすい仕組みとなっています。

初めに予算設定を行っておけば、予想を超えるクリックが有ったとしても、あっと言う間に予算を消化してしまい調整する間も無かったと言うような事を防げますので、1日の予算を100円単位で設定してください。

クリック単価の目安

ヤフーに掲載されるオーバーチュアではクリック単価9円から広告掲載が可能です。一般的な商用キーワードで35円からとなっていますが、誰でも思いつくような「ビックワード」では、多くの広告を掲載し利益を出し続けている企業は沢山あります。彼らは長い時間を掛け試行錯誤しホームページやビジネスの仕組み作り上げてきていますので、初めての方が戦っても勝てる見込はほとんどありません。

最終的には、その商品やサービスの粗利益や成約率などにより、掛けられる広告費としてのクリック単価を計算する必要がありますが、クリック単価で100円を超えるようなキーワードの入札は見送る方が安全です。

どうしても100円を超えるような「ビックワード」に広告掲載したいのであれば、そのキーワードは「完全一致」での掲載として、その

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。